車 売却 相場|入力して1秒で適正価格がわかります!

車売却の相場

適正な車売却の相場の調べ方を紹介します!これをやれば損はしません!

交渉なしで高値で売れる

 

勝手に競争して高値が出る

 

車売却の適正な相場がすぐにわかります!

車売却相場
若者を中心に車離れが進んでいると囁かれる昨今ですが、車が私たちにとって、有効な移動手段であることには変わりありません。また単に移動手段というだけでなく、車は人生を豊かにしてくれるアイテムでもあります。
そんな車ですが、気に入ったものであっても、いつまでも乗り続けるのは現実的に考えて難しいでしょう。適切なタイミングで売りに出し、新しい車に買い替える時は必ずやってきます。ところが、車を売却相場に出し、売却するまでの手順を熟知している方は多くはありません。車は少しでも高く買い取ってほしいものですが、それには基本的な考え方やコツを掴んでおく必要があります。
大前提として知っておきたいのは、全体の流れ。見積の取り方から下取り業者を決定する際のポイント、また売却相場時に用意しなければいけない物など、基本的なことを押さえておかなければ、損をしてしまう可能性もあります。
その上で知っておきたいのが、車を高く買い取ってもらうためのコツ。時には売却相場ポイントをアップさせることもある事前の準備、車を清掃する際の秘訣、高く買い取ってもらいやすい時期などを押さえておきたところです。
売却相場のポイントは、車種ごとに異なることが一般的です。軽車やセダン、ワンボックスカーやSUV、高級外車など、それぞれが売却相場されるポイントや売りに出すタイミングも知っておけば、納得の売却相場に一歩近づけるはずです。
また多くの人が車を手放す際に悩むポイントが、「どんな時に車を売りに出せばいのか」ということ。確かに、ちょっと古くなっただけで売りに出すのは考えものですし、とはいえあまりにも古くなった車にいつまでも乗り続けているのは事故の原因にもなります。
売りに出す適切なタイミングを知り、車売却相場から売却までの流れを掴み、高く買い取ってもらうコツを知る。それは、快適なカーライフを続ける秘訣のひとつでもあります。車売却相場にまつわるポイントを押さえて、納得の買い替えに役立ててください。

 

車売却相場の流れ
長年、乗り続けている車でも、いつかは売りに出して車に買い替える時が来ます。そこで、車の売却相場から売却までを納得して行っていただけるよう、そのポイントをご紹介していきたいと思います。まず最初は、車売却相場の全体的な流れについて、押さえておきましょう。
車を売却相場に出すと言っても、いきなり車をメーカーや下取り業者に持っていかなくても大丈夫です。まずは、一括売却相場サイトのご利用がオススメ。インターネットの一括売却相場サイトで複数の業者に見積を依頼し、それぞれの業者が提示してきた下取り価格を比較・把握しましょう。これなら、時間と手間を大幅に省きながら、効率よく自分の車の下取り価格の相場を知ることができます。ちなみに、冷静に比較するためには3〜4社の見積を取るとよいでしょう。
複数の業者の見積結果が出揃ったら、最も条件のよい業者に決定し、実際に売却相場を依頼します。この時、初めて車を業者に持って行きます。業者に売却相場してもらい、下取り価格に納得できれば売買契約へと移ります。後々、詳しくご紹介しますが、契約の際はさまざまな書類が必要になりますので、事前にしっかり確認しておくことをお忘れなく。
書類などもすべて提出し、契約が成立したら、最後に代金の受け取りとなります。今では、代金を銀行口座への振り込むケースが大半ですが、まれに現金を手渡しするという業者もありますので、その点も確認しておきましょう。また、銀行口座の口座番号も控えておくと、手続きがスムーズになります。

 

複数の業者に見積を取る理由
車を売却相場してもらう際は、まずインターネットの一括売却相場サイトを利用する方が一般的です。この時、複数の業者の見積を取るのがオススメですが、それにはちゃんと理由があるのです。
最も大きな理由は、車の正確な下取り価格を把握するため。ではなぜ1社の見積だけでは、正確な価格がわからないのでしょうか。一般的に下取り業者は、他社と差別化するために、それぞれ得意なジャンルを持っています。セダンタイプが得意な業者もいれば、軽車やコンパクトカーをメインに扱っている業者もいます。同じように、SUVが専門の業者も存在します。もしもあなたの車がコンパクトカーなのに、SUV専門の業者に見積を依頼してしまったら、提示された金額が適正と言いきれるでしょうか。もちろん適正な場合もありますが、やや不安を覚えてしまうかもしれませんよね。そこで、3〜4社に見積を取り、平均的な下取り価格を把握することが大切なのです。提示されてきたいくつかの下取り価格の相場がだいたい一致していたら、それがあなたの車の適正な価格だと思っていいでしょう。もしも、各社の提示額に大きな開きがある場合は、改めて見積を取り直してみてもいいかもしれません。
その上で、最も高値をつけてくれる業者がいれば、その業者に依頼するのがオススメ。ずっと乗り続けた車ですから、なるべく高い価値をつけてくれる業者に売りたいのは当然です。車を売りに出す際は、まず適正な価値を知ることから始めてみてください。

 

売却相場前にチェックしておきたいポイント【車内】
必要書類を準備したら、いよいよ車を売却相場してもらいますが、やはり少しでも高く売却相場してもらいたいものです。そこで、売却相場時に業者がどこをチェックするかを確認しておきましょう。可能な箇所は掃除やメンテナンスをしておけば、車の印象もアップするかもしれません。今回は、車内のチェックポイントをご紹介します。
まずは、走行距離。走行距離が少ないほど売却相場も高くなりますから、業者は必ずここをチェックします。シートの状態も重要です。汚れていると売却相場に響きますので、キレイに清掃しておきたい箇所です。天井や内装も同様です。特にドアの内側は、乗り降りをした時の泥が付着していたり、思いもしないような場所にキズがあったりします。こちらも広い範囲を見直し、できる限りキレイにしておきましょう。シートや内装以上に状態を確認しておきたいのがラゲッジルーム。こちらは大きく重い荷物を乗せることが多いため、キズや汚れがつきやすい箇所です。キレイにしておくことはもちろん、ふだんから丁寧に荷物の出し入れをしておきましょう。カーナビやオーディオの状態もチェックの対象になります。正常に動作しない場合はマイナスポイントになりますが、逆に性能の高いものを装備している場合はしっかりとアピールしたいところです。エンジンルームも、チェックされるポイントです。エンジンの状態などはもちろん、冷却水やオイルの状態も重要となるため、定期的に補充・交換しておくことをオススメします。
業者が確認するポイントを押さえ、ふだんからメンテナンスをして、よい印象を与えられるようにしておきましょう。

 

売却相場前にチェックしておきたいポイント【車外】
売却相場時に業者がチェックするポイント、前回は車内についてご紹介しましたが、今回は車外のチェックポイントについて見ていきたいと思います。
まずは、タイヤの状態。当然ながらタイヤがすり減っている場合は売却相場に影響してしまいますから、摩耗していないかを定期的にチェックしておきましょう。売却相場だけでなく、ふだんの安全性もアップします。同時に空気圧も適正な状態にしておきましょう。ライトが正常につくかどうかも大事なポイントです。まれに、片方のライトしかつかない車を見かけることがありますが、その状態ではもちろん売却相場に響きます。同じようにウインカーやハザードランプも正常につくよう、ふだんからメンテナンスをお忘れなく。ボディのヘコみや傷も売却相場に大きく影響します。小さな傷ならコンパウンドなどを使うことである程度カバーできますが、大きな傷やヘコみはしっかり修理しておくことをオススメします。見落としがちなのが、車両の下側の劣化具合。段差のある道で無理な運転をしたりしていると、明らかに劣化していることがあります。ボディのキズ・ヘコみもそうですが、やはりふだんから丁寧な運転をしておくことが大切です。車両下と同様、気づきにくいのが車両のバランス。自分の車を客観的に見てみると、左右のバランスが悪く、どちらかに傾いていることがあります。これは、スプリングの劣化やタイヤのすり減り、空気圧などに原因があることが多いので、ガソリンスタンドなどで見てもらいましょう。
車外のチェックポイントは、乱暴な運転をすることが原因になりがちです。ふだんから安全運転を心がけておけば、売却相場はもちろん、事故の心配も少なくなるでしょう。

 

車は買い取ってもらえるのか?
車を下取りしてほしいけど、車の場合はどうなるの?そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、車をテーマに見ていきましょう。
まず大前提としてご紹介しなければいけないのは、事故に会った車=車とは限らないということ。では、どんな車のことを車と呼ぶのでしょうか。一般的には、骨格部分に欠損が生じ、修理や交換を行った車のことを車と呼びます※。つまり、事故に会って修理をしても、骨格部分に問題がなければ基本的には車とは定義されません※。ですので、事故に会った車だからといって下取りを諦める必要はないのです。
もちろん無傷の車に比べて下取り価格は下がってしまいますが、場合によっては予想以上の価格で買い取ってくれることもあります。例えば、基本的なスペックが高い高級車や、人気の車がそれ。バンパーの一部がヘコんだり、ボディに目立つ傷があってもある程度の値がつく可能性はあります。また、海外の一部の国では、日本では流通しなくなった車を修理して販売していることもあります。主に4WDやディーゼル車、クーペなどが海外での人気車種とされていますが、それらの車が車である場合も、海外で人気があるために予想以上の高値がつく場合があります。もしも、ご自分の車が海外で人気のある車種である場合は、その点を評価してもらえる下取り業者を探して売却相場に出した方がいいかもしれません。
もちろん、車でないこと方がいいに決まっていますが、事故に会ったからという理由だけで下取りを諦めなくてもよいのです。

 

ローンの支払いが残っている車は売れる?
車を購入する際、多くの方がローンを組んでいらっしゃるかと思います。ではもしも、ローンの支払いが終わっていない場合、その車を売却することはできるのでしょうか?
ローンの支払いがすべて終わっていない場合、勝手に車を売却することはできません。なぜなら、ローンの支払いが終わるまで、車の所有権はローンを組んでいる車の販売会社・金融会社にあるからです。つまり、ローンを払い終えて初めて、個人の所有物になるというわけです。ではローンを払い終えるまで、車を売却することはできないのでしょうか?そんなことはありません。「勝手に」売らなければいいだけで、ローンが残っている車を売却する方法は、ちゃんとあるのです。
簡単に言えば、買い取り額をローンの返済に充てるというもの。例えば、車の買い取り額が100万円でローンの残高が50万円の場合、買い取り額でローンを完済することができ、50万円が支払われます。では買い取り額が100万円で、ローンの残高が130万円の場合はどうでしょう。このケースでは、買い取り額をローンの支払いに充てても、まだ30万円足りません。そんな時は、ローンの組み替えを行い完済することで、所有権を個人のものにすることができます。現在では、ほとんどの下取り業者でローンの組み替えや所有権について、相談に乗ってもらえます。もしもローンの残高が多く残っている場合は、ぜひ下取り業者に相談してみてください。最適な方法を提案してくれるはずです。

 

事前にやっておきたいこと
車を売る時、少しでも高く買い取ってほしいのは誰もが思うことです。そこで、高く売るためのコツをいくつかご紹介いたします。少しもむずかしくなく、誰でもできることですので、ぜひ実践することをオススメします。
まず最初は、複数の見積を取ること。これは以前にもご紹介しましたが、複数の下取り業者の見積を取ることで、車の適正な売値がわかるため、業者の言いなりにならなくてすみます。もちろん、業者を決定する時は一番高値をつけてくれたところに頼むといいでしょう。
次は、車の掃除。シートやダッシュボード、フロアなどに落ちているゴミや砂埃を取り除くのはもちろん、ボディや窓をキレイに拭いておきましょう。「たったそれだけ?」と思われるかもしれませんが、場合によっては見違えるほどキレイに見えることもあり、しかも売却相場の際に「ふだんからキレイにしている人なんだな」という印象を与えられることもあります。小さなことですが、これも売却相場に影響してくることがあります。
所有車がモデルチェンジされる前に売るのもコツのひとつです。当然ですが、新しいモデルの車が発売されると、旧型車の需要が減っていくため、必然的に売値も下がるのです。
購入時についていた付属品や純正パーツを保管しておくことも大切。車好きな方の中には、市販のパーツを装着されていることがありますが、そんな場合でも純正のパーツは保管しておきましょう。売却の際、一緒に純正パーツを出せば売却相場額がアップすることもあります。
今回ご紹介したコツは、どれも特別な労力を要さないものばかり。たったこれだけで売却相場額がアップするかもしれませんから、ぜひ試してみてください。

 

メーカーの下取りと業者の下取りの違い
メーカーに売るか、下取り業者に売るか。車を売却するには、大きく分けてこのふたつの方法があります。では、メーカーと下取り業者、それぞれの違いやメリットとは何なのでしょうか。今回は、メーカーへ売却する場合と下取り業者へ売却する場合の違いについて、ご紹介します。
メーカーを利用する際の最大のメリットといえば、やはり信頼性でしょう。必ずしも高値で買い取ってくれるとは限りませんが、そのメーカーの売却相場基準に則って、正確な売却相場をしてくれます。業者の中にはあまりに安い額を提示し、その額で泣く泣く車を手放してしまう方もいるようですが、メーカーならそんな心配はありません。また、車の処分と車の購入を一度に済ませられるのも好都合。売却と購入が同じ場所でできるので、手続きも楽々。さらに手間が省けるだけでなく、車の納車まで現在の車に乗り続けられますから、常に手元に車がある状態をキープすることができます。
反対に、下取り業者を利用する際のメリットといえば、やはりメーカーよりも高値で買い取ってもらえる可能性が高いことがあげられます。下取り業者に売却し、メーカーで車を購入すれば、当然その分だけ手間がかかりますが、場合によってはメーカー下取り額より数十万円も高い値がつくことがあります。なぜ、業者の方が高く買い取ってくれるのかについては、次項でご紹介しますが、少しでも高値で買い取ってもらいたい場合は、下取り業者を利用することをオススメします。
メーカーを利用する方がスマートか、下取り業者を利用したほうが得か。あなたに合っている方を選んで納得の売却をしてください。

 

下取り業者はなぜ高く買い取ってくれる?
前回、一般的に「車下取り業者はメーカーよりも高く買い取ってくれる」ということをご紹介しましたが、今回はその理由についてご説明いたします。
なぜ、業者の方が高値で買い取ってくれるのか?その答えを一言で言ってしまえば、「売却相場基準に違いがあるから」。メーカーの売却相場基準というのは、全国ほぼ一律で決まっておりマニュアル化されているため、市場の需要の変化などが反映されていないことが多いのです。つまりメーカーが売却相場するポイントというのは、走行距離、車の傷や事故の有無など、あくまでも一般的な項目のみになってしまうのです。
ところが下取り業者は、人気の車を買い取り、少しでも多く・高く販売したいと考えていますから、市場の需要の変化を非常に重要視します。そのため、人気のある車種なら高値で買い取ってもらえる可能性が高いというわけなのです。ここ数年のトレンドから考えると、燃費のいい軽車やコンパクトカーは人気が高いですから、売却を考えている方は下取り業者でお見積を取ってみてはいかがでしょうか。
また、下取り業者は車種ごとに特化しているお店も多く見られます。例えばSUVを専門で扱っている業者や、高級車を扱っている業者などなど。ですから近年のトレンドではない車種だとしても、専門で扱っている業者を見つければ、他店よりも高値で買い取ってくれる可能性が出てきます。もしも、見積の額に納得できない場合は、専門の下取り業者を探してみてください。

 

効果的な清掃の仕方
少しでも高値で買い取ってもらいたい場合、最低でもやっておきたいのは車の清掃です。同じ状態の車でも、ホコリにまみれた車より、少しでもキレイな車の方が好印象なのは想像に難くないでしょう。そこで今回は、効果的な車内の清掃の方法をご紹介します。
車内の清掃、まずは掃除機がけから。主にシートやフロアマットの下を掃除機がけ。シートの凸凹部や細い隙間などは細いノズルを使って奥のホコリも吸い取ります。それでもくっついているホコリは、ガムテープやコロコロなどで吸着。シートが布の場合、食べ物や飲み物のシミが付いていることがありますが、これは中性洗剤を染み込ませた布で拭き取るのが効果的。あまり強くこするとシートの表面が劣化するのでご注意を。また、ダッシュボードやハンドル、メーターまわりなどの樹脂やプラスチック部分も中性洗剤を使うのがオススメ。シート同様、中性洗剤を染み込ませた布でやさしくホコリを拭き取っていきましょう。シールの跡が残っている箇所は、目立たなくなるように拭き取ることが必要です、この時も強くこすらないよう気をつけてください。尚、傷が付く可能性があるので、樹脂やプラスチック部分にタワシや固めのブラシを使用するのはやめましょう。反対にフロアマットやアクセル、ブレーキのペダルは落ちにくい汚れが付いていることが多いので、タワシやブラシを使います。ちなみにフロアマットは表面の汚れを落とした後、水をかけると毛が開いて内部の汚れが落ちやすくなります。
また、ドアの内側や窓のふち、メーター周りの細かい箇所などは、使い終わった歯ブラシを使うと小さなホコリが落ちやすくなるのでお試しください。
気づかないうちに車は汚れているものです。売却相場に出す前に、一度清掃をしてみてください。少し手間をかけるだけで、見違えるほどキレイになるはずです。

 

絶対にやっておきたい洗車・ワックスがけ
車の清掃、今回は洗車とワックスがけのコツをご紹介します。
まずは洗車から。最初はホースの水かけです。ルーフからボンネット、トランク、ボディ、タイヤやホイールと、上から順番にホコリを落としていってください。水でホコリを落としたら、シャンプー液をつけたスポンジで洗っていきます。ちなみに洗車する際の順番も、「上から下へ」が基本。理由は、汚れは上から下へと落ちていくからです。というわけで、ホースの水をかけるのと同じ順番で、ルーフ、ボンネット、トランク、ボディ、タイヤ、ホイールの順に洗っていきます。この時、シャンプー液を乾燥させてしまうと、ボディの塗装部分に乾燥したシャンプー液の跡が残ったり、ボディの塗装部分をいためたりする可能性があるので、シャンプー液が乾燥する前に洗い流してください。洗車が終わったら、ルーフから順番に水で洗い流し、最後に目が細かく吸水性の高いマイクロファイバータオルで水を拭き取ればOK。
洗車の後はワックスがけです。ムラなくワックスを塗るには、ワックスの量をやや少なめにし、スポンジに均一につけるのがポイント。実際にワックスがけをする際は、(奥から手前・上から下など)一定の方向に向けて塗るとよいでしょう。スポンジを往復させたり円を描くように塗ると、ムラができてしまうためオススメできません。全体にワックスがけができたら、最後は拭き取り。まずはネル地の布で全体を拭き取り、次に目の細かい布でもう一度全体を拭き、拭き残した箇所をなくします。
車内同様、車外もピカピカにしておけば、売却相場で有利に働くこともありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

車内のニオイを取る方法
これまで車内・車外の清掃のコツをご紹介してきましたが、今回はニオイについて。ある意味では、見た目の汚れ以上に売却相場に影響する「ニオイ」を取る方法をご紹介していきます。
車内のニオイを取りたい場合、まず大前提となるのが車内の清掃です。車内をキレイにすることで、シートや天井などに吸着していたニオイも必然的に消えていきますので、やはり車内の清掃は欠かさずに。その上でニオイを取る方法を見ていきましょう。まずは、換気の回数を増やすこと。天気がよく風通しのいい日は車のドアや窓を全開にして換気しましょう。次に、ニオイの原因を取り除くこと。例えばタバコやペットのニオイなら、売却相場の数ヶ月前から車内の喫煙やペットの同乗をやめましょう。エアコンからのニオイが気になるのであれば、エアコンのクリーナーを掃除することをオススメします。ニオイの原因を取り除き、換気の回数を増やす。これだけで、車内にこもっていた嫌なニオイはずいぶん軽減されます。さらに消臭剤を使用することで、より嫌なニオイを少なくすることができます。消臭剤を車内に設置し、除菌消臭スプレーをシートや天井、フロアに吹き付けるのがベター。尚、芳香剤を使う方がいらっしゃいますが、車内の嫌なニオイと芳香剤の匂いが混ざってしまい逆効果になることが多いのでオススメできません。
車内のニオイを取りたい場合は、清掃→ニオイの原因の除去→換気→消臭剤が最強の方法と言えるのではないでしょうか。ぜひ、お試しください。

 

高く売るタイミング1
車を高く売るには、タイミングも重要であることをご存知でしたか?同じ車でも、タイミングや時期によって売値が変わってくるケースがあるのです。そこで、車を高く売るタイミングについて2回に分けて見ていきたいと思います。
最初にご紹介するタイミングは、3月と9月。社会人の方ならおわかりだと思いますが、3月と9月は決算の時期にあたります。この時期、メーカーや業者は少しでも多く車を仕入れ、少しでも多く売りたいと考えるため、売却相場を高めにすることが増えてくるのです。もしも1?2月、7?8月あたりに車の売却を考え出したのなら、もう少しだけ待ってみれば売値がアップするかもしれません。
特定の車種の需要が増える時期も、売値がアップするタイミングと言えます。これは主にメーカーではなく、下取り業者において言えることなのですが、例えばゴールデンウィークや夏休みには、家族に人気のワンボックスカーやSUVの需要が高まります。そのため、売却相場額もアップするというわけなのです。ワンボックスカーやSUVを持て余している方は、行楽シーズンが始まる頃を狙って見積を取ってみてください。同じように、梅雨が明ける頃や夏の終わりの涼しくなり始めた頃は、オープンカーの需要が伸びる傾向があります。いくらオープンカーが好きな人でも、さすがに梅雨の雨の中や、うだるような暑さが続く真夏には乗りたくないと考えるようです。が、やはり快適な天気が続く季節になると大好きなオープンカーに乗りたくなるのですね。
車の売値とタイミングの話、次の回でも引き続きご紹介していきます。

 

高く売るタイミング2
車を高く売るタイミングのお話、その2です。前回に引き続き、高く売れるタイミングや時期について見ていきましょう。
春先やボーナス前。これも車が高く売れる時期と言われています。この時期は、あまり車の購入に積極的ではない人も、購入することが増える時期とされています。例えば春先は、就職や転職、転勤などで新生活が始まる時期。社会人になったのを機に親から車をプレゼントされたり、転職や転勤など勤め先が変わったことで生活に車が必要なったりすることが増えてきます。そこで車を扱う業者は、在庫を充実させておきたいと考えるため、高めの売却相場をつけるケースが増えてくるというわけです。ボーナス前も同様で、ボーナスが出たことで気持ちに余裕ができ、「車でも買おうかな」という人が増えてきます。そこが狙い目。この時期に合わせて見積を取ってみてください。他のタイミングよりも高値がつく可能性があります。ちなみに購入者は、さほど車に興味のない方の割合が増えてきますので、燃費のいい軽車やコンパクトカーなどに高値がつく可能性が高いのではないでしょうか。
また、これはすべての車種について言えることですが、モデルチェンジされる前に売るのも高値がつくポイントのひとつです。やはり新しいモデルが発売されると、古いモデルの価値は下がってしまいます。もし、車の売却を考えている方は、所有している車の新型モデルが発売されないか、チェックしてみてください。もしも発売されるようなら、売却を急いだ方がいいかもしれませんね。

 

走行距離がひとつの目安
ここまでは車売却相場の基礎知識や車を高く売るコツについてご紹介してきました。では、実際に車はどのような時に売りに出せばいいのでしょうか。この項目では、「こんな時は車を売ってもいいかも」というタイミングについて見ていきたいと思います。
車を売りに出すひとつの目安として、走行距離があげられます。具体的に言えば、走行距離が10万キロ、もしくは5万キロに差しかかりそうな時がポイント。あくまでも一般的な話ですが、車というのは、「走行距離が10万キロを超えると故障のリスクが高くなる」という前提で造られています。ですから、走行距離が10万キロを超えてしまうと下取り価格がガクッと下がってしまうケースが少なくありません。同じような考え方で、走行距離が5万キロを超えるのも売却相場額が下がるひとつの要因です。車の売却を考えている方は、走行距離が10万キロ・5万キロを超える前に売却相場に出したいところです。
また逆に、「長年乗っている割に走行距離が少ない」というのも、売却相場ではプラスに働きません。なぜなら、車というのは、動かすことでコンディションを維持しているという面もあるからです。例えば、車を7年間所有しているのに2万キロしか走っていないような場合は、「走行距離が少なすぎてコンディションが不安」とみなされてしまうこともあります。
一般的に、「1年で1万キロ走行」が、車のコンディションを保つベストなペースと言われています。ある程度の額で買い取ってもらいたいのなら、「所有年数と走行距離のバランス」をチェックしてみてください。

 

ライフスタイルが変わったら
車はどんな時が売り時なのでしょう。前回は「走行距離」の面から考えましたが、ライフスタイルが変わった時も売り時(買い替え時)のひとつです。
例えば、一人暮らしで2ドアの車に乗っていた人が結婚し、子供ができたとします。そのまま2ドアの車に乗り続けるのもいいですが、あまり広いとは言えない2ドア車の後部座席に家族が乗っていると、車に酔ってしまうケースも少なくありません。その場合は、ゆったり座れる4ドアの車に買い替える方がいいかもしれません。同じように、5人乗りの車を所有している、子供1人の3人家族がいたとします。もしもこの家族に子供が2人増えて5人家族になったとしたら。5人乗りの車ではやや窮屈に感じるかもしれません。荷物を入れることなども考慮すると、ワンボックスカーへの買い替えがベターとも言えるでしょう。反対に、家族が増えたことで4WDから経済的な負担の少ないコンパクトカーに買い替える、という考え方をする人もいるかもしれません。
また、セダンを所有している人が趣味でアウトドアを始めた場合。こんなケースは、やはり4WDなどオフロードも力強く走れる車に買い替えた方がいいでしょう。悪路をセダンで走り続けると、車への負担が増えるだけでなく、事故の可能性も高くなってしまいます。
それぞれのシチュエーションに適した車種で走ることで、快適なだけでなく、事故の可能性を低くすることもできます。ライフスタイルが変わったら、その状況に応じて負担のない車種を選んでください。

 

車が自分に合っていないと気づいたら
車を運転していて、車との相性が悪いと感じることはありませんか?車には車種ごとに特徴やクセがあります。その特徴やクセが自分に合っていない場合も、車の売り時・買い替え時です。
例えば、ペダルの効き具合が強い場合。軽くアクセルを踏み込んだだけで急な発進になってしまったり、そっとブレーキを踏んだつもりが、急ブレーキのようになってしまったり。それは、自分の感覚と車との相性が悪いのかもしれません。逆もしかり。強めに踏んだつもりでも、ブレーキが思うように効いてくれないと、事故の可能性が高くなってしまいます。ペダルを踏み込む強さとアクセルやブレーキの効き具合が自分に合っている車に替えてみるのもいいかもしれません。同じことは、ハンドルの操作に対する車の反応でも言えます。自分ではゆるやかにハンドルをきっているつもりなのに、急カーブのような曲がり方になったり、けっこうハンドルをきっているつもりなのに、思ったほど曲がってくれなかったり。そんな場合も事故の可能性をはらんでいます。安全な状況での運転なら微調整はできますが、とっさにハンドルをきった時に、思うように曲がってくれないと危険ですよね。ペダルの効き具合、ハンドルの操作に対する反応が自分に合っていない時は、買い替えを検討してみてください。
また、「車に飽きた」というのも買い替えのひとつのポイントです。贅沢な考え方ではあるのですが、飽きた車に乗っていると、時に運転が雑になってしまうことも。それも事故のもとになりますから、買い替えのタイミングと考えてもいいかもしれません。

 

経済性を優先させたい場合1
車の購入・維持にはお金がかかりますが、時にその出費が家計にとって大きな負担となってしまう場合があります。例えば、お子さまが生まれて生活費を切り詰めなくてはいけなくなった時や、お子さまの進学で学費が必要となる場合がそれ。経済性を優先させたいそんな場合も、車の売却や買い替え時と言えるでしょう。そこで、経済性を優先させたい時の車売却のタイミングを考えてみましょう。
最初にオススメしたいのは、車検前に売却すること。ご存知の通り、車検を通すにはけっこうなお金がかかってしまいます。が、車検を通してから車を売却したとしても、車検費用(法定費用・手数料・整備修理費用等)が下取り価格(売却相場額)に上乗せされるとは限りません。というより、まず上乗せされることはないと考えていた方が一般的でしょう。言い方を変えれば、「車検代金を払うだけ損」ととらえることもできるのです。もしも車の売却を考えている方は、車検の前に売却した方がいいかもしれません。
納税という観点からも、経済性を考えた売却が可能です。ポイントは、3月31日までに売却を済ませること。なぜなら、車税や軽車税は、その年4月1日時点で車を所有していた人に納税義務が課せられるからです。つまり、3月31日の時点で車の売却や名義変更などの手続きをすべて完了させておけば、納税義務は課されないことになるのです。詳しくは、下取り業者のスタッフさんなどに確認してみてください。
どうせ車を売却するのであれば、無駄な出費は抑え、賢く売却したいですね。

 

経済性を優先させたい場合2
今回も前回に続き、経済性を優先させたい時の車売却のタイミングを考えみたいと思います。前回は車検や納税という観点から見ていきましたが、今回はもう少し普段の生活に密着した視点から見ていきます。
ご紹介したいのは、生活のスタイルが変わったことによって車を買い替えた方がいい場合です。例えば、転勤や転職で職場が変わり、電車通勤から車通勤になったとします。その時、4WDなど燃費の悪い車を所有していたとしたら、1カ月のガソリン代もかなりの額になってしまうでしょう。そんな時は、買い替え時かもしれません。車のメインの用途が趣味から通勤に変わりますので、軽車やコンパクトカーなど、燃費のいい車に買い替えるといいかもしれません。
また、お子さまの入学や進学、2人目のお子さまの誕生などの際は、生活費が増えてしまいます。そのタイミングに合わせて燃費のいい軽車やコンパクトカーなどに買い替えれば、ガソリン代や車検代などの維持費を抑えることができるでしょう。
節約が上手な人というのは、食費やレジャー費などその月によって出費が変わる「変動費」よりも、家賃やインターネット使用料、携帯電話の通話プランなど毎月の出費が変わらない「固定費」を削減することを最初に考えます。固定費の中にはもちろん車の維持費も含まれていますので、維持費のかからない車に買い替えることは、節約の大きなポイントになるのです。
経済性の面から車を売却する場合は、生活にかかるコストをトータルで見直してから、維持費のかからない車に買い替えることをオススメします。

 

少し運転に自信がなくなってきた時
車の売却や買い替えのタイミング、今回は、安全性という側面から考えてみたいと思います。車は快適な乗り物ですが、時として自分や他人に害を与えてしまう可能性を持っています。安全運転のためにも、最近車の運転に自信がなくなってきたという方は、参考にしてみてください。
安全運転に欠かせない条件として、視界がハッキリ見えていることがあげられます。しかし年齢とともに視力は衰えていくもの。早い方なら40歳前後から視力の衰えを感じる方もいるでしょう。そんな時は、車の買い替えを考えてもいいかもしれません。例えば、座席の位置が高くなるだけで、前方の見え方はずいぶん変わってきます。座席が低い時よりも前方がより広く見渡せるようになるため、運転が楽に感じるという方は多いようです。同様に、フロントガラスが大きく視界が開けている車にするのもいいでしょう。夕方以降が見えにくいという方なら、ライトの照射範囲や角度にポイントを絞って車を選んでもいいかもしれません。
運転技術に自信がなくなり、狭い道を通るのがおっくうになるという方もいるようです。その場合は、車体が小さな軽車やコンパクトカーに替えてみるのもいいでしょう。また最近では、普通車ながら車長や車幅を極限まで抑えた設計の車や、車体は大き目ながら小回りの利く車も数多く発売されていますので、買い替える際にお店のスタッフにいろいろ紹介してもらうといいのではないでしょうか。
その他、エアバッグなどの安全機能が充実した車をはじめ、車間距離が短くなると自動的に原則・停止する車も発表されています。もしも車の運転に自信がなくなったら、お店のスタッフに相談しながら、最適な車を探してみてください。